誹謗中傷と関連検索ワードに関する最新ニュースを発信します!
Yahoo虫眼鏡対策サービスの紹介

yahoo虫眼鏡削除

Yahoo虫眼鏡とは何か?

日本人が検索エンジンを使う場合、世界的には、”Google”のシェアが高いのですが、日本だとまだまだ”Yahoo Japan”が有名です。

Yahoo自体が、日本人に溶け込んだサービスを提供していることや、最初に使いこなした検索エンジンがYahooだとそれを活用したくなるようです。

シェアでは、若干まだYahooが高いのが特徴です。しかし、このYahooは、2010年7月27日に、Googleの検索エンジンシステムを採用すると発表しています。

検索スパムのようなサイトを正しく評価するには、多くの開発競争に勝ち抜く必要があり、ユーザーのニーズを満たすサービスを提供するにはGoogle側のエンジンを利用したほうが得策と判断したようです。この判断は今のところうまく運んでおり、Yahooも日本の中で定着していることが特徴です。

しかし、Googleのエンジンを基幹に添えているとはいえ、独自サービスは、Yahooジャパンは多くの影響を与えています。

Yahoo知恵袋は、日本最大のQAサイトといっても過言ではなく、ここにたまっている集合知は、人々の判断に影響を与えています。また、ヤフオクサービスは、日本の中古品の流通市場として最大となっていると言えるでしょう。中古品のやりとりで重要な指標は、取引先の信頼性です。このヤフオクには、評価がアカウントごとにもたれており、他のサービスがこういった長年培ってきた指標を手にするには時間がかかり、追いつくことが至難の業であることが明確です。

その中で、Googleも採用している、入力補助(Googleでいう検索予測、サジェスト)や虫眼鏡(Googleの関連キーワード)自体も、独自エンジンを使っています。

Googleのエンジンを採用しても良いと考えられますが、Googleと違い、Yahooは、入力補助と虫眼鏡は、毎日のように検索ワードに応じて変化されており、何がトレンドであるのか、一目瞭然となっています。

Yahoo虫眼鏡が誹謗中傷の温床に?

Yahoo虫眼鏡が毎日変わるという特性、また、瞬間的な打ち込みに敏感に反応するという特性を利用して、意図的に悪意のワードを表示させることがあるようです。
Yahoo関連検索削除というサービスまで登場している昨今、今後、独自のエンジンを利用し続けるのか、それとも、何かしらのフィルターを加えるのか、Yahoo側の対応が注目されています。